FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
スキー ・・・2(2009年2/28-3-7)
2/28土曜日は、夕方ペンションにつき、
ゆっくり荷をおろし、おいしい夕食をいただき、ぐっすり眠りました。
2日目は、近所の丘を登り、探索。山の上に上って、ソリで降りてきました。

午後は、町へ降りていきました。なぜかというと、スキーを持っているのは、旦那だけで、
私とティガーは、スキーの板を持っていないので、
町まで行ってスキーの板を借りに行かなければならなかったからです。
歩いて、雪道をひたすら行きました。

で、せっかく町まで降りてきたので、町を探索。
そんでもって、↓これに乗りました。
・・・名前忘れちゃった。。。

09022804.jpg

プラハでも一度、乗りましたが、
ここのは、もっとスピードが出るし、景色もいいし、コースも長く、
楽しめました。
もう一回、もう一回!!!と、いい、ティガーは、4回も乗りました。

その後、チェコで一番高い山・・・スニェシュカに行こうと、
リフトまで行きましたが、山の・・・特に冬の山の天気は変わりやすく、
霧がでてしまったので、断念しました。せっかく上まで行っても霧で何も見えないんじゃ、
悲しいですからね。。。

結構な距離を歩き、疲労も達してきたころ、町へ戻り、
私と、ティガーのスキーの板を借りにお店に行きました。

その後は、スキー場のソリをするところで、
ソリで遊びました。

09022815.jpg

夕方5時ごろ、ペンションに電話をして、スノーモービルでお迎えに来てもらいました。
もちろん、別料金ですが、宿泊料金払うときに、
2回分のスノーモービルの料金も払っていたので。。
09022816.jpg



3日目。ようやくスキーをしました。
去年は、雪も少なく、ティガーは一日だけスキーをしただけでしたので、
感覚は全然覚えていないようでした。
初めの日は、タータ(パパ)につきっきり。

09022807.jpg




でも1時間もすると、タータから離れて、転んでも一人で起き上がることができるようになり、
上達は早かったです。

09022814.jpg




次の日には、ひとりでゲレンデを滑れるようになりました。
リフト(棒の先の丸いものを股にはさんで引っ張られていくタイプのもの)も一人で乗れるようになって、上達の早さに驚きました。
3日目は、回数券では、追いつかなかったので、
乗り放題のチケットを買いました。
(私は、一日5回もリフトに乗れれば、十分。あんまりスキーは好きじゃないので(^^;))




09022811.jpg

金曜日は、スキーの板を返しに行かなくてはいけなかったので、
午前中、滑りっぱなし。
お昼ごはんを食べた後、少し休憩して、スキーで雪道を滑っていきました。
スノーモービルや、ロールボード(日本名は分かりませんが、雪道専用の車)などが、
走る道なので、ティガーがスキーでいくのは、どうかと思ったのですが、
ターンもストップも私よりうまいんじゃないかってくらい上達したので、
町までみんなでスキーで滑っていきました。

スキーは、1週間のうち、3日間しかできなかったのが、残念。
今度は、プラハでスキーの板を借りていこうと思います。


1週間、ペンションに泊まりましたが、
同じ時期に泊まっていた子供も数人いて、その中で、S君と友達になりました。
一緒にエアーホッケーしたり。。。。

09022808.jpg

スパイダーマンが大好きなS君。二人でスパイダーマンごっこしたり。。。
S君の手からは、常にスパイダーマンのくもの糸がでているようです(^^;)

09022809.jpg

サッカーのゲームをしていますが、二人とも、ボールは見えているんでしょうかね。。。
09022810.jpg

子供達がサッカーで遊んでいる横で、お父さん二人は、卓球で汗をかいていました。(^^;)
しまった。。。写真撮っとけばよかった。。。


こんな感じで、1週間、思い切り楽しめました!!
とっても楽しかった!!!

ただ、ティガーは、やっぱり気管支炎なのか、喘息の軽いものなのか、
少し走り回ると、とたんに咳き込んでしまい、
ソリをしているときは、上ってはすべる・・・なので、
上りきった後に、咳が出て、3回ほど吐いてしまいました。
S君とも遊んでいるとき、汗をかきながら遊んでいて、本当に楽しそうなのですが、
時々、休憩させてあげないと、咳き込んでしまい、心配になりました。

でもスキーをしているときは、咳をすることもなく、
特に呼吸の乱れもなく、元気に滑っていたので、私は安心してみていました。
毎回、私は、最初の1時間ほどスキーをして、その後は、カメラマンに徹してました。

ティガーのスキーの上達の速さは、すごいと思いました。
すると、旦那は、「それは、教師がいいからだ」といいます。
(もちろん、ティガーにスキーを教えたのは旦那です)
「インストラクターになろうかな」とも言ってました。
スキーがへたくそな私には、何も突っ込むことはできませんが、
それなら、来年の冬は、スキーのインストラクターでもして、私達の宿泊代を稼いでください!(笑)


最終日、土曜日は、朝食後、またソリで遊びました。
でも、やっぱりのぼりきったところで、咳き込んでしまって、嘔吐。
喘息とは、診断されていないけど、アレルギー性のものであるから、つらいです。
夜は、やっぱり咳がとまらず、何度も部屋の窓を開けて換気をしてあげました。


それでもそりをするのは楽しいようで、ついつい走り回ってしまいます。

12時、昼食をペンションのレストランでとり、
14時ごろ、ペンションの雪道専用の車で、1週間ぶりに私達の車の置いてある駐車場に行きました。

でも、実は、金曜日に、町へスキーの板を返しに行ったとき、
ペンションに電話をして、スノーモービルを呼んだのですが、
ほかのお客(この日から泊まる客)が、駐車場についたので、
そちらのほうを迎えに行かなくてはならず、かなりの時間、待たなければならないといわれ、
ペンション側が、お金を払うから、別のスノーモービルを予約するといってきたのですが、
特に急がなかったし、雪道専用の車の荷台でもいいですよと、いい、
他のお客と一緒に町から戻ってきました。
ペンションのオーナーは、謝っていました。なぜなら、私達はスノーモービルのお金を払っていたからです。

そんなこともあって、最終日の土曜日は、
特別に、ペンションの周りを、スノーモービルで走ってもらえることになりました。
ティガーは、運転席に乗せてもらって、大満足です。

09022813.jpg




運転手さんは、はじめて会ったとき無口でちょっと無愛想な人でしたが、
1週間もいると、少し話をしてくれるようになり、
ティガーに飴もくれました。
最後は、ティガーにスノーモービルに乗せてくれて、笑顔で対応してくれました。

本当に楽しい1週間でした♪




[2009/03/08 17:24 ] | 旅行記 | コメント(0)
スキー ・・・1(2009年2/28-3-7)
2/28~3/7までスキーに行ってきました。

毎年、冬に1週間お休みを取って、山にこもるのが、チェコ人です。

ティガーが生まれて次の年から3年同じ山に行ってましたが、
今年は、Pec pod sněžkou というところに行ってきました。

まず、プラハから車で2時間30分くらい走り、
町の近くの駐車場に車を止めました。
ペンションのほうに電話を入れると、30分ほどで、お迎えが来ました。

お迎えの車は、これ↓

09022802.jpg

自分達の車は1週間、町の駐車場においておき、この車↑に自分達の荷物を積んで、
ペンションまで移動します。
結構山の上まで行きました。
雪道のせいもありますが、20分くらいかかったかな。

ペンションに着くとオーナーがお出迎え。

改装されたばかりで、ペンションはとってもきれいでした。
部屋自体は、今まで泊まっていたとこより、かなり狭く、3分の1くらいの狭さじゃないかと思うくらいでしたが、部屋では、寝るだけですから問題ありません。

食事は、朝と夜、ペンションのレストランで食べました。
レストランの雰囲気がよくて、見入ってしまいました。↓

09022801.jpg

棚の上には、スープのポットが並べられ、古い時計がいくつも飾られ、
家具も新しいのに、アンティーク調で、とても落ち着きました。

朝食は、バイキング。夕食は、前菜からスープ、メイン、デザート。
チェコに来て、久々にチェコ料理がおいしいと感じました。

写真は、ある日の前菜↓
09022803.jpg


09022805.jpg




[2009/03/08 16:35 ] | 旅行記 | コメント(0)
イタリア・・・3
次の日は、少し曇り空。でも海に来て海に行かない手はありません。
とにかく用意をして行きました。
この日は、また別のビーチに行ってきました。
車で20分くらいのところにあるビーチ。ここは、前の日のビーチより石が小さく、
裸足で歩いても痛くない程度だったので、良かった。

曇り空のせいか、人はまばら。。。

08Italy15.jpg


でも海の中は意外と暖かく、泳ぐのには気持ちのいい温度でした。
ビーチでは、同じくらいの子供が結構いたので、ティガーは、遊んでました。

08Italy16.jpg

何度も海に入って上がってシャワーを浴びて、海に入って上がってシャワーを浴びて・・を繰り返していました。曇りだったけど、午後にはお日様もさしてきて、こんがりいい色に焼けました。
ティガーは、黒くなりましたが、旦那は、かわいそうなほど赤かったです。。(^^;)
白い肌なので、赤く焼けて・・・ほとんどやけど状態だった旦那様。。。
私は、いつも太陽を吸収するほうなので、茶色になりましたけど。
(30代になったんだから、肌を焼くなって?いいんです。。。
チェコは冬が長いですから、夏のうちに光合成しとかないとね(^^)

08Italy17.jpg


太陽がきらきらと光っていました。
夕食をとる時間も惜しんで海で遊んでいました。
08Italy18.jpg



そして太陽が沈み、あたりが暗くなった頃、ようやく海からあがった私達。
楽しい楽しい夏休みでした。

次の日、B&Bのロレンツォ君に折り紙で作った鶴をあげました。
優しくてかわいいロレンツォ君が、ティガーにはぐをしてくれました。
シャッターチャーーーーーンス!!!!!





しかし・・・・いや~~~~~ん(><)

08Italy19.jpg

かわいいロレンツォ君の顔が・・・ぼやけてしまってる。。。ふぇ~~ん。
撮ったときにちゃんと確認して置けばよかった。く・くやしい。。。

またいつか、イタリアにいったら写真撮らしてね。ロレンツォ君。♪


あっという間に帰らねばいけない日がきてしまい、
B&Bのオーナーとロレンツォ君にさよならをいって、車に乗りました。
また5時間・・6時間くらいかけてザルツブルグに行きました。
来たときと同じユースホステルに泊まりました。

結構早く寝たのに、疲れていたせいか、朝は7時半までぐっすり寝てしまいました。
朝食をとって、荷を車に積み、チェコへと戻りました。

オーストリアでは、高速料金が7.5ユーロだったのに、
なぜかスロベニアでは35ユーロも取られてしまいました。
彼女は英語で話してくれましたが、35ユーロという料金に首を傾げていたら、
「英語、分かる?」と言われてしまった。。。。
いや、彼女が話す英語は分かったんですけど、35ユーロ・・っていうこの料金がわからないんです(^^;)
スロベニアの高速は、みんなが海へ行くために通過していくので、
こんな高い料金をとるんだろうなあ。。。


これで私達の夏休みが終わりました。
ティガーは、幼稚園に通い、私も9月の終わりから日本語のアルバイト(週一回だけだけど・・)
のんびりチェコ生活に戻りました。

・・・いや、のんびりでもないかも。。
まずは、洗濯とアイロンとの戦い。(^^;)
そして、ティガーの幼稚園は午前中のみ。・・ということは、
午後は、「公園へ行こう!」の大攻撃。
日が長い間に、がんばって公園へ行こうと思います。









[2008/09/05 01:25 ] | 旅行記 | コメント(0)
イタリア・・・2
トリエステの町の港。海はきれいだった。


08Italy08.jpg



イタリア人のB&Bに荷物を置き、オーナーお勧めのビーチに行くことにした。
車で行くことも可能だったが、船で30分のところだということで、
船に乗っていくことに。。。この船に乗りました↓
甲板の上でお兄さんからチケットを買うのだが、
お兄さんが、「子供は、何センチ?」と聞いてきた。
はじめ、「何歳?」と聞かれたのかと思い、4歳と答えたが、
「そうじゃなくて身長はいくつ?」と聞かれた。

ええっと。。

「100センチ以上ある?」
と聞かれたので、
「ええっと・・・どうかな・・100センチあるかな・・どうだろう・・ねえ・・」と曖昧に答えたら、
ティガーは、無料になった。
100センチ以上は、子供料金が発生する。

本当は、108センチ超えてるんですけどね(^^;)
ラッキー♪


08Italy09.jpg


船の上は、お日様がまぶしかったわぁ~。
帽子とめがねが飛ばされないように、バンダナを巻いてみました。
08Italy10.jpg




30分である港に到着。
そこから少し歩いて、ビーチを探す。
歩いていくと、看板があって値段が書いてある。プライベートビーチのようだ。
お金を払って中へと進んだ。
しかし・・・・プライベートビーチは、ビーチではなく、岩だった。。
私達が求めていたビーチと違うじゃん!

ふとプライベートビーチの横を見ると、別のビーチが!
船から見たときに、あそこのビーチに行きたいと思っていた私達。
だめもとで、返金してもらうように言ってみた。
ちょっといやな顔をされたが、文句はなく、全額返金された。

このプライベートビーチでは、椅子やテーブルが借りれたり、レストランがあったり、
子供の滑り台などあっていいのかもしれないが、
海に行くのに、岩だらけだったのが、気に入らなかったのだ。
だって、岩だけだとティガーが遊べないからだ。

全額返金はしてくれないだろうと思ったが、全額返金されて良かった良かった。

で、となりのビーチに行ってみると・・・。
そこは、公共のビーチ。
シャワーもトイレもついててきれい♪
もちろん無料。

な・・なぜ、お金を払って彼らはあのプライベートビーチを選ぶのか理解できない。
大人だけなら、岩だらけでも海に入ってしまえばいいけど、
子供がいたらかなり危険なところだったのに。。。


08Italy11.jpg

ま、なにはともあれ、私達は公共のビーチで一日を過ごした。
ちょっと石がごつごつしてて裸足で歩くのは痛いけど、ビーチサンダル履いて入ったので、
全然OKでした。

ティガーは、マットに乗って楽しんでました。
でも一人では泳ぐのを怖がっていました。やっぱりチェコには海がないから仕方ないのかな。

08Italy12.jpg

日が沈みかけた頃、また港へ戻り、帰りの船を待ちました。
20:05船が出ました。
08Italy13.jpg



町に着くと、ライトアップされた建物が素敵でした。
08Italy14.jpg


B&Bに帰ったのは、22時を回っていたので、すぐにシャワーを浴びて寝ました。
ティガーは、歯磨きも忘れて、ベットに倒れこみました(^^;)


つづく。











[2008/09/05 00:56 ] | 旅行記 | コメント(0)
イタリアの海へ。。。1
日本から帰ってきてからティガーが風邪を引いたり、入院したりで、
あっという間に夏が終わってしまった。

このまま、今年はどこにも行かずに夏休みを終えるかな。。。
(といっても、日本滞在が私にとっては長期休暇だったので、チェコに帰ってきてから、
夏休みにどこかに行くとかは考えてなかったんですけどね)

しかし、8月の終わりに旦那が、もしかしたら休みが取れるかもしれないと言った。
もしかしたら・・・で、いつ休みが取れるのかは、
前日に決まった。。。

8/26(火)の夜、会社から帰ってきた旦那は、
「明日から夏休みが取れた!どこに行く?」という。
ちなみに旦那のその日の帰宅は、8時であった。。。

もしかしたら、休みが取れるかもしれないけど、
もしかしたら取れないかもしれない・・・というわけで、
旅行に行く準備なんてひとつもしていなかった。

でもせっかくだから・・と、海へ行くことに決めた。
海。。。2年前にクロアチアへ行った。とっても良かった。
またクロアチアへ行こう!ということになったが、
実はチェコから一番近い海は、イタリアの海であることが判明。

イタリアのトリエステという町。
クロアチアのガイドブックは、持っているが、イタリアのガイドブックは持っていなかった。。。

でも、とりあえず、行って見ようということになった。
この計画性のなさ・・・何とかして欲しいものだ。。。

そして、火曜日の夜、旅の支度を始めた。
5泊の予定だったので、洋服やら水着やら浮き輪やら、ビーチで座れるように折りたたみの椅子やら・・・・。
夜中の2時までかかって準備した。

もちろん、イタリアでどこに泊まるのかは、分からない。

でも行けるところまで行く・・・というのは、あまりにも計画性がなさすぎなので、
オーストリアのザルツブルグで、一泊することに決定。
この時期、宿は取れないかも・・と思っていたが、
ユースホステルが予約できたのでラッキー。


2時に支度を終え、床につき、朝は6時に起きてまた支度。
でも結局家を出たのは、10時前。

ザルツブルグまで6時間くらいかかった。
テントを取りに行くために実家に立ち寄ったので、そこで時間をロスした。

ザルツブルグは、何度か訪れたことがある。
いずれもユースホステルに泊まったが、今回は、別のユースに泊まった。
町から少し離れているところだが、車を持っているので問題なし。

ここのユースは、結構良かった。ユースは子供も大人と同じ料のところが多いのに、
ここは、子供半額だった。
しかも、4人部屋で、洗面台が2つついてて、テーブルもあって
かなり広い。普通のホテルに泊まるより部屋は広い感じがした。

08Italy01.jpg

翌日朝食後、早々とイタリアへ向かった。
しかし・・・途中スロベニアあたりで、旦那の携帯がなった。。。
会社からだ。。。なんだかんだと旦那は仕事をしなくてはならず、
スロベニアの高速の休憩所で3時間もロスした。(><)
仕事だから仕方ないけどさ。。でもでも~。。。

ザルツブルグから8時間かかってようやくイタリアへ着いた。
イタリアへついたはいいが、地図も何も持ってきていない。
今までの経験と勘で、宿を探す。
ようやくユースホステルを発見。
荷を降ろし、目の前の海へと急いだ。

08Italy02.jpg

太陽が沈む前に泳がねば!

08Italy02.jpg

ユースの目の前の海は、結構大きな岩があって、その岩を超えていかないと
泳げないのがいまいちだったが、岩の向こうには、海が広がって、思い切り泳いだ。
ティガーは、やっぱりちょっと怖がっていた。


そして、
海が目の前にあるこのユースで3泊の予定だった。。。
写真は、バルコニーからの眺め。↓
08Italy02.jpg


しかし、ここのユースは、部屋は狭いし、朝食は質素だし、おまけに部屋がバルコニーの隣だった。
いや、バルコニーからの眺めは最高なのだが、共同のバルコニーの隣に私達の部屋の窓があったのだ。。。夜は、遅くまで若者がおしゃべりをしていたおかげで、窓を開けられず暑かった。
暑さのせいで寝付けない私。ティガーと旦那の寝息がうらやましい。。。
そして、ドン!と音がした。







ティガーがベットから落ちた。。。。
ふぇ~んと情けない声をだすティガー。しかし、私がティガーを抱き上げてベットに戻したら、
またスヤスヤと寝た。
でもまた落ちては大変だと、私は床に毛布を引き、ティガーの隣で寝た。
・・・眠れなかったけど。。。まじで徹夜だった。。。

本当は、3泊分のお金を払ってしまったけど、
これ以上耐えられん!と思い、キャンセルして、
別の宿を探した。

まずは、町へ。
08Italy05.jpg



町のインフォメーションで紹介してもらったB&Bに行った。
イタリア人夫婦が経営している小さなB&B。

陽気なイタリア人。私は結構気に入った。
部屋も清潔だし、ティガーの補助ベットを真ん中においてくれたので、
ティガーがベットから落ちる心配もないし。

グッド!!

そして、このB&Bには、11歳の男の子がいた。
ロレンツォ君。かわいい♪

イタリア人夫婦は、英語がほとんどわからないので、
この11歳のロレンツォ君が通訳。 

B&Bは、街中にあり建物のそばに車を駐車できなかったので、
少し離れた所に止めた。


 08Italy06.jpg




つづく。。。。








[2008/09/04 04:27 ] | 旅行記 | コメント(2)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。