FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
質問攻め
旦那様が土日祝日出勤・・・ということで、土曜日は、ティガーと2人で動物園に行ってきました。
おにぎり持って、お茶を持って。
連休だから混んでるかなと思いきや、さすがチェコです♪
混んでもなく、空いてもなく、ちょうどいい感じでした。
あまりにも空いてるとなんか悲しくなりますからね。
人はある程度いてくれたほうが嬉しいなあと、私は思うのです。

そういえば、動物園、値上がりしたのね。
大人150コルナ子供100コルナでした。250コルナか・・。
ティガーが3歳までは、ティガーは無料だったし、大人も100コルナだったのになぁ~。

ま、でもレストランで一回食事をがまんすればこのくらいの値段になりますしね。
それで、一日中遊べるわけだから安いです。

動物園は、何度来ても面白いですね。敷地も広いので、ハイキング気分で来られるし。
でも、ティガーと2人でいると、ティガーの質問攻めに私はかなり疲れてしまいます。

「今日は、上から行こうよ。」(動物園を入ると、上か真ん中か下への道がある)
「どうして?」
「最初に上に登ったほうが後で楽でしょ」
「どうして?」
「疲れてきたときに坂道登ったらもっと疲れるじゃない」
「疲れないでしょ」
「疲れちゃうの。ママは・・」
「どうして?」
「・・・」

くじゃくを見て、
「どうして、羽を広げないの?」
「今は羽を広げる気分じゃないんじゃない?」
「気分ってなあに?」
「気持ちのこと」
「どうして、今は羽を広げる気分じゃないの?」
「ティガーだって、何かをしたいときとしたくないときがあるでしょ?
くじゃくさんだって、今は羽を広げたくないんだよ」

インパラ?を見て、
「どうして、あれは角が一本しかないの?」 
「喧嘩して、折れちゃったんだよ」
「どうして、喧嘩したの?」
「喧嘩した理由は分からないけど、喧嘩したときに、ドン!ってぶつけちゃったんだろうね」
「どうして、ドン!ってぶつけるの?」
「ティガーだって、喧嘩するとき、ドン!ってやるでしょ?」
「僕、やらないよ」
「あ・・そ・・・そうだね」
「どうして、あれは、喧嘩してドンってぶつけるの?」
「・・・」

キリンを見て
「どうしてキリンは首が長いの?」
「上にある葉っぱを食べたくて、首をう~~んと伸ばしたから」
「どうやって?」
「う~~~んって」(首を伸ばしてみせる)
「じゃあ、下の物が食べたくなったらどうするの?」
「首が長いから下のものも届くでしょ」
「じゃあ、どうして、キリンは首が長いの?」
「・・・」
「ねえ、ママ、どうして?」

鳥をみて、
「どうして、これがあるの?」
「檻のこと?」
「檻ってなあに?」
「あの囲いのこと」
「囲いってなあに?」
「鳥さんのおうち」
「ねえ、ママ、どうして檻があるの?」
「檻がなかったら、鳥がみんな飛んでっちゃうでしょ」
「どうして?」
「ティガーだって、玄関が開いてたらお外に行きたいと思うでしょ」
「思うけど、僕は一人で行かないよ」
「そ・・そうなんだけど・・・。」

崖に住むヤギ?を見て
「どうして、あんなところにいるの?落っこちちゃうよ」
「どうしてだろうね。ママにも分からない。どうしてあんな崖の上に住んでいるのか」
「どうやって、降りるの?この小さいヤギは、どうやって登るの?」
「見ててごらんよ。どうやって登るか」
「ねえ、ママ、どうしてヤギはここに住んでるの?」
「だから、ママもわからないよ」
「どうしてママは、分からないの?」
「・・・」

ハイエナを見て
「これはなあに?」
「これは、ハイエナ。虎とかライオンが残したものを食べるんだよ」
「どうして?」
「ライオンは、大きな口で大きな肉を食べるでしょ。でも細かいところまでは、
食べられないんじゃないかな」
「そして、残りのものをハイエナが食べるの?」
「そう、そして、ハイエナが食べ残したものを、今度は、はげわしとかが、
きれいに食べるの。そして、骨だけが残って、今度骨は土に帰るの」
「土に帰る・・ってどういうこと?」
「時間が経って骨が土になるの」
「そしたらどうなるの?」
「その土は、骨の栄養を吸って、いい土になるの」
「栄養ってなあに?」
「栄養のあるものを食べると大きくなるの。ティガーも栄養のあるものいっぱい食べてるから
どんどん大きくなるでしょ。だから土が栄養を吸って、そして、木がどんどん大きくなって、
またキリンさんとか他の動物がおいしい葉っぱを食べられるんだよ」


この話をしたあとに、虎のところへ行った。
虎が丁度お昼ご飯中だったが、肉が置かれているのに、食べていなかった。
「ねえ、ママ、虎、食べないね。この残りの肉は、あれが食べるの?」
「あれって?」
「さっきいってたじゃない。ええっと・・なんだっけ?」
「ハイエナのこと?」
「そう。ハイエナがたべるの?」
「ん~~、これは、この虎さんが食べるんじゃないかな」
「でも、まだ食べてないよ。残ってるよ。だからハイエナが食べるんでしょ」
「・・・」


動物園でティガーはいろいろな日本語を学ぶことが出来たと思うが、
私には、説明する限界があり、かなり疲れた。。。
とにかく、動物園にいる間、質問攻め。
だれか、息子の動物園ガイドしていただけないだろうか。。。

家に帰ってきてから、突然
「どうして、人間はやることがいっぱいあるの?」
と、聞いてきた。
「ん~~~~、難しいなあ。なんでだろうねえ。」

ティガーが別の部屋へ走っていった。
そして・・・・重たい百科事典を持ってきた。

「ママ、難しいならこれで調べてみようよ」

「・・・それには、載ってないと思うが・・・(^^;)」

「ママ、どうして、くじらとかイルカは、水の中でも息が出来るの?」
「どうして、地球には重力があるの?」
「どうして、空気がないと死んじゃうの?」
「どうして、地球には重いものがあるの?」
「どうして?」



ティガーの質問にできるだけ細かく答えてあげたいのだが、
答えてあげればあげるほど、追求されるので、私の知識だけでは、
答えられないものばかりで、困ってしまう。
やっぱり、1年ほど日本のジージのもとへ留学させてやりたいよ。
おじいちゃま!いつの日か、日本に帰ったら、ティガーの頭の中にある、
あらゆる質問に答えてあげてください。
彼の探究心を無知な私がつぶしてしまっては、かわいそうなので。
ティガーは、日本に行ったら、科学館とか、電気博物館とか、宇宙博物館とか、
連れてってあげたらいいんだろうな。
ただ、専門家のガイドが必要だけどね。(^^;)

朝、窓から撮った写真。森の人口湖の上に霧がでています。↓
08102801.jpg



動物園に行ったのに、子供はみんな滑り台のほうが大好き(^^;)。↓
08102802.jpg



高いところへ登りたがるティガー君。↓
08102803.jpg



「ゴリラのところへ行こうよ!」と、ティガーが言うので、連れて行くと、
ゴリラを見るのではなく、この場所で遊びたかったようです。
動物園に来て、ゴリラを見ずに、ゴリラになって遊ぶティガー。↓
08102804.jpg



その運動神経は、ゴリラ並です。サル山にいれても違和感ないでしょう↓
08102805.jpg



亀になってしまったティガー。
洋服が汚れる・・・・と、悲しくなるのは、ママだけです。
08102806.jpg



動物園に来たのに、必ず乗りたがるトラム。しかも運転席。
今回は、3回分のチケット買いました。。。。
08102807.jpg



動物園にきてるのに、子供の遊び場で遊んで目の上を怪我してしまうティガー君。
08102808.jpg

動物園に来て、今回も、ティガー君という珍獣を見て、満足したママでした。(^^;)


スポンサーサイト
[2008/10/26 12:24 ] | 動物園 | コメント(2)
<<10月28日は独立記念日 | ホーム | サマータイム終了。。。>>
コメント
子供の好奇心を満たすのはとても大変なことですね。
途中読んでて笑ってしまいました。

でもティガー君、そんなに質問できるなんて、なにか素晴らしい才能があるのでは?
普通そんなに質問しないと思いますよ!!笑
[2008/10/26 20:16]| URL | hattor #nLSH.iLA [ 編集 ]
おはようございます。すっかり日記をサボっていて、返信遅れました。(汗)

子供の好奇心って本当にすごいです。
やっぱり、子供は真っ白ですから、真っ白な紙があったら、書きたくなる気持ちって分かるんです。私の頭は、収拾がつかないほどめちゃくちゃな絵が描かれていて、好奇心がこれっぽっちも出てきませんが・・(汗)
息子の好奇心にできるだけ答えてあげたいと思うのですが、やっぱり私の説明では納得いかない部分が多々あるようで、困ってます(^^;)

しかも、ティガーは、かなりつっこんで質問してくるし、質問の答えに納得いかないと、何度も何度も同じ質問をしてくるんですよね。ママの答えは違うんじゃないかって、わかっているような感じで・・。
こうやって親が息子の才能をつぶしてしまっているんだろうな~なんて思います。(TT)
hattorさん。息子の家庭教師をお願いします(^O^)

[2008/11/11 15:53]| URL | フルムーン #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。