FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
幼稚園2日目
先週の水曜日。
久しぶりの語学学校での日本語の授業。
生徒さんは、前と同じ。
で、生徒のうち、2人が夏休みに日本へ行ってきたので、
昨日は、そのお話で盛り上がった。
夏休みを挟んだので日本語のレベルが落ちているかな・・と思いきや、
しゃべるしゃべる。日本での土産話が止まらない。
1時間半の授業でしたが、1時間半、ずーーっと土産話をしていました。
楽しかった(^^)

富士山を見ながら温泉に入ったのが一番良かったとか、
河口湖で男3人で白鳥のボートに乗ったとか、
平塚の七夕祭りにいってたこ焼きを食べたとか、
寿司をたくさん食べ、馬刺しや鯨のにぎりも食べたと言っていた。
(鯨のにぎりなんて私は、食べたことないぞ。)
そのほか、やきとりやとんかつなども美味しかったようで、
お土産にとんかつソースと、パン粉を買ってきたとか。
日本のパン粉です。お土産の目の付け所がおもしろい(^^)。
六本木で朝の7時まで踊ったとか。
日光へ行ったり、浅草へいったり、10日間、ハードなスケジュールだったとか。

歴史にも興味のある生徒で、長野の川中島へいったとか・・。
川中島?ってどこ?そんなところになぜ?
と、思ったら、ここは、武田信玄と上杉謙信が戦ったところだそうで、
2人の象をみてきたとか。

このほかにも、あちこちへいったそうで、
1時間半、話が途切れることがありませんでした。
今週の水曜日には、写真を持ってきてくれるそうです。楽しみだわぁ。

日曜日は、
日本人会主催の秋祭りに行って来ました。
どんどん増えている日本人の数に驚いた。はじめてチェコに来たときは、
日本人なんていないだろうなあ・・チェコで暮らしていけるかな・・不安だなあなんて思ったこともありましたが、
今は、そんな不安はありませんね。
これだけ日本人がいるっていうのは、本当にびっくり。
そして、やっぱり、ずーーっとチェコで生活していこうと思う私にとっては、
日本人の友達は、本当に心強い。

今回、秋祭りでは、仲良しのY君、S君、Nちゃんもきてて、
息子も楽しそうでした。やっぱり仲のいいお友達がいるのは嬉しいことです。
そして、久しぶりに会った、Mちゃん。確か最後にあったときは、歩けなかったような気が・・。
靴はいて歩いて走ってました。他人の子供の成長は早いなあ。

たくさんの日本人の中から、私を見つけてくれて、
声をかけてくれる人がいて、嬉しかった。
HPを通して知り合ったSさん。私たちの引越しがあったり、彼女の出産があったりで、
なかなか会えなかったけど、こうして、秋祭りで会うことが出来て嬉しかったです。
彼女は、3人の子供のママ。すごい!
慣れないチェコの土地で3人もの子供を育ててるなんて尊敬だ。私もがんばろう。
Sさん。声をかけてくれてありがとう。いつか遊びに行きますね!

チェコでアイスホッケーやってるゆうと君のんちゃんにもあいました。
彼らのチェコ語は素敵です。うちの旦那と話すゆうと君のチェコ語の速さに
私は耳を傾けるのが精一杯でした(^^;)若い脳みそがうらやましい~。

秋祭りでは、やきそば、いなり寿司、おもち、などなど日本の食べ物が
並びました。
どのお店もみんな行列が出来ていました。
お友達のNさんが、なが~い行列に並んでようやくゲットした小籠包。味見させていただきました。
ん~。美味しかった。敷物なんかも持って来てて、なんて用意がいいんだろうと関心。
次回は、私も敷物持参でいこうっと。

私は、日本の絵本や本なんかが、売っていないかなあ~と期待して行ったのですが、
今回は、そういうお店はなく、食べ物のみでした。残念。
確か一昨年来たときは、子供の古着なんかもあったんだけどなあ。

子供の成長に洋服の数が追いつかない(^^;)
また私のT-シャツをおろして息子の洋服をつくらねば!

月曜日は、幼稚園に行ってきました。
特に、嫌がることもなく、「今日は、消防車を使うんだ」と、張り切ってました。
「僕の消防車、幼稚園に持って行く。お友達に見せてあげるんだ」と、嬉しそう。
「でも、あなたのおもちゃは、幼稚園には持っていけないよ。消防車は、幼稚園の消防車を使ってね」
「わかった!僕ね。幼稚園に行って、消防車であそぶ!」

幼稚園に着いて、靴を履き替え、洋服を着替えて、
先生のところへ。ほんの少しだけ、躊躇していましたが、
先生が手を引いたらすんなり部屋に入っていったので、安心。

ただ、心配なのは、息子の咳。
日曜日も2時間弱外にいて、みんなとはしゃいだら、
帰るころには、咳き込んでしまった。
走ったり、激しい運動をすると、咳き込む。喘息なのかな。
来週、アレルギー科を予約したので、そのときに分かると思うが・・。
幼稚園の先生にも激しい運動の後、咳き込むようなら座らせてくださいと言ってはみたが、
まわりの子が楽しそうに走っていたら、息子も走るのを止められないだろうなあ・・。
私が、小児喘息だったから、走れなくてつらい気持ちがよく分かる。
しかも、息子は、運動神経はいいほうだから、運動をさせないようにするのは、
かなり難しい。8月以降、ずっと続く、息子の咳。
早く治って欲しいなあ。

12時半、幼稚園のお迎え。
12時半に幼稚園に着いたのに、すでに他の子は、布団を敷いて
横になっていた。12時半からお昼寝?早いなあ。
お迎えは、12時半から1時の間に来てくださいと言われているが、
12時半には、お迎えの親はみんな園の外で待機している。
せっかく幼稚園に行ったんだから、ママ友を作りたいと思ったのだが、
この時間にお迎えに来るのは、おじいちゃんおばあちゃんが多い。
やはりチェコ人は共働きのところが多いみたいだ。
チェコ人の旦那を持つ私としては、なんとなくプレッシャーを感じてしまう。

それはさておき、息子はどうだったか。
お迎えに行くと「ご飯もちゃんと食べたし、泣かないし、大丈夫だったわよ。」
「咳はどうですか?でませんでしたか?」
「咳も出なかったし、元気に走ってたわ。大きい車で遊んでいたし。」

帰り際に息子をトイレに連れて行った。そしたら、目に涙をためていた。
「どうしたの?何で泣いてるの?」
「だって・・だって・・僕・・」
「どうしたの?どこかいたいいたいしたの?」
「ううん。ちがう。僕ね。・・・え~ん」
泣き出すティガー。
寂しかったのかなあ。幼稚園では泣かなかったみたいだから、我慢してたのかな。
がんばったね。もう泣かなくていいよ。ママと一緒にお家にかえろ。うるうる。

「僕、おうち帰りたくない~。幼稚園にいる~。みんなと一緒におねんねする~」

・・だそうです。(^^;)ははは。

「お昼寝は、ティガーがもう少し大きくなってからにしようね。
お昼寝は大きい子ばかりだったでしょ?」
「ううん。小さい子もいたよ。僕もみんなとお昼寝する~」

でも、家に帰るまでにいろいろ幼稚園でのことを聞きたかったのに、
「幼稚園楽しかった?」
「楽しくなかった」
「え?でもさっき幼稚園にいたいって言ってたでしょ?」
「幼稚園楽しくない!」
「・・・」

「今日、幼稚園で何したの?」
「わかんない」
「おそと行った?」
「ううん。」
「滑り台のった?」
「わかんない」
「お友達と遊んだ?」
「わかんない」
「車で遊んだ?」
「わかんない」
「明日も幼稚園行く?」
「行かない」

ん~なかなか難しい返答。
しかし、夕飯の時には、たくさん話していた。
滑り台は、濡れているから今日は、使っちゃ駄目とか
友達と手をつないでころんだ・・とか(これは、そういうダンスがあったようだ。)
「こうやって倒れちゃったんだよ」と、ものすごい笑顔。
給食は、肉とじゃがいもがでたとか、
今日は、自分で靴を履いたとか、
同じクラスにティガーと同じ名前の子が一人いるのだが、
その子が、先生におこられていたとか、
その子は、マックイン(ディズニーアニメ)の帽子を持っていたとか、
とにかくいろいろ話してくれた。
もちろん、3歳の子供が話すので、100%正確ではないけれど、
楽しそうに話していた。

幼稚園2日目。今のところ特に問題はなさそうだ♪

スポンサーサイト
[2007/10/09 02:54 ] | 幼稚園 | コメント(2)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。