FC2ブログ
ひらがなおぼえちゃお!
2年前のクリスマスに日本のジジババから貰ったプレゼントは、
「ひらがなおぼえちゃおう!」
このおもちゃ、「もんだい」のところを押すと、機械が文字を言い、それと同じところを押すと「正解です!」と言います。
去年までは、ひとつの文字を押すので精一杯でしたが、
4才になってからは、単語を押せるようになりました。
そして、自分で押した文字を「ろくおん」できる機能があるのですが、
最近は、これで、文章を作ります。

「きょう わ さむい です」
「もうすぐ くりすます だね」
「まま と たーた だいすき」
とか・・・

私が洗濯物をたたんでいるとき、
ティガーは私の横でこのおもちゃで遊んでいました。
そして、
「ねえ!ママ、聞いて!」
08122701.jpg


「ぼく わ いま かぜ を ひいてる から うち に います」

・・・・・

ティガー君。。。
うまく文字を押して録音できたことを褒めつつ、その録音内容に複雑な気分のママでした。
スポンサーサイト
[2008/12/28 18:43 ] | 言葉 | コメント(0)
言いまつがえ・・・
トトロにでてくる「歩こう」を歌ってください♪




さかみち~とんねる~くさっぱら~

いっぽんばしに~でぼこぼ やみち~

くものすすぐって~

みだり み ち~~




ママ 「ティガー君。でぼこぼ・・じゃなくてでこぼこだよ」

ティガー 「でぼこぼ?」

    「ちがうよ、で・こ・ぼ・こ」



    「  で・ぼ・こ・ぼ?」

    「だから、でこぼこ」

    「でぼ

    「でこ」

    「でこ?」

    「そう!でこぼこ!」

    「でぼこぼ?」

    「で!こ!ぼ!こ!

    「・・・・・で・ぼ・ぼ・ぼ!


爆笑でございます。
笑ってごめんね。息子よ。・・・でも・・・うぷぷぷぷ。
かわいくて笑ってしまいます。

[2008/09/30 23:00 ] | 言葉 | コメント(0)
どのくらい?
「ねえ、ママ、砂ってどのくらいのおおきさ?」
「小さいよ。とっても小さい。このくらい」
「どうして?」
「・・・ど・・どうして?・・・どうしてだろうねえ」


「ねえ、ママ、水ってどのくらいのおおきさ?」
「み・・みずぅ??」
「このくらい?」(小さな丸をつくる)
「いや、もっと小さいよ。」
「どのくらい?」
「ど・・どのくらい?(汗)すごくすご~~~く小さいよ」
「このくらい?」(目を細めて、両手で小さな小さな丸を作る)
「ん~、もっともっと見えないくらい小さいよ」
「ふ~ん、どうして、そんなに小さいの?」
「ど、どうして?・・・どうしてだろうね」
[2008/09/28 05:10 ] | 言葉 | コメント(0)
書き取り
教育ママに嫌気がさし、日本に帰国していたこともあって、
半年ほどトイレに貼った漢字のカードが、同じ漢字のままでしたが、
最近ちょっと復活です。(ちょっとだけね・・(^^;)

名づけて「これ読めたら公園に行こう!」作戦です。ふっふっふ。。
ティガーは、食べ物ではあまりつれないので(つるなって?)
公園でつると、よくつれます(笑)

そして、幼稚園が大好きなティガー。
そこを利用して(利用するなって?)朝、ひらがなの書き取りをすることにしました。

一日一字。・・・(少なすぎ?!)
なぞるところが1個、自分で書くところが3個。
できたらママが花丸をつけてくれる。そして、幼稚園に行くことが出来る。(笑)

081001009.jpg


私が早起きしてノートなどを用意してあげると、
ちゃんとやってくれます。
ただ、もちろんですが、ティガーがひらがなを書いているときは、
私が横にいて、見守っていないと駄目なので、朝の15分間は、とっても貴重な時間になりました。
さて、いつまで続くことやら。。。
私自身があきっぽいので、続けるのことっていうのは、難しいですね。
漢字のほうも私がもっと根気よく続けていれば、
ティガーも続けてくれると思うんですけどね。
根気・・という言葉、継続・・・という言葉、私には、非常に難しい言葉です。(号泣)
なんてたって、自分のチェコ語の勉強すら根気がなく、継続できていない状態ですからね。(号泣)



木曜日は、歌のお教室に行ってきました。
ちょっと早めにいってみたら、もうすでに3人の女の子が白いタイツをはき、
腰にひらひらしたものを巻き、レオタードを着て、
踊っていました。。。。。
それをみて、立ち尽くすティガー。。。。

一応、先生に聞いてみました。
「あ・・・あの、歌のお教室でバレエを踊るんですか?」
「あははは。基本は歌で、歌を歌いながら踊るってかんじなのよ。
だからバレエの教室じゃないから大丈夫よ。はははは」

まあいわゆる手遊び歌というか、たとえば、「大きなクリの木下で♪」みたいな歌で、
手足を動かして、踊る?ような感じのものだと思うんですけどね。

それにしても、女の子だわねぇ。バレエのカッコでお歌のお教室にくるってのは。(^^;)

一度見学したいんだけどな。。ティガーは女の園でどういうポジションにいるのかしら。。
でも見学は出来ないのよねえ。残念。








[2008/09/26 18:15 ] | 言葉 | コメント(0)
どうして?
電車に乗っているとき。

「ママ、ネモツニッツェ(病院)が火事になったらどうなるの?」
「病院?」
「そう、病院」
「・・・大丈夫だよ。すぐに消防車が来て、火を消してくれるよ」
「火は、どうやって消えるの?」
「水をかければ、きえるんだよ。消防士さんたちが、ジャージャーってお水をかけるの」
「そうじゃなくて、どうして、火が消えるの?」
「・・・え?だから水をかけると火は消えるんだよ」

「ちがうよ!火は、空気がないから消えるんだよ」



今朝、朝ごはんのとき。

「ママ、どうしてタンポポは、できるの?」
「ええっと・・たんぽぽには、綿毛があるでしょ。あの綿毛が、
風に乗って飛ばされて、土の上に落ちると、タンポポが、育つの」
「育つってなあに?」
「大きくなるってこと」
「ふ~ん。じゃあ、どうやって育つの?」
「ええっと。。そこにコネギがあるでしょ。(ベランダで作っているコネギ)ティガーはいつもお水をあげてくれるでしょ。
それと同じで、タンポポの綿毛も雨が降ったり、お日様を浴びたりして、育つんだよ」

「ふ~ん。ねえ。土の中には、もぐらがいる?」
「そうだね。もぐらがいるね」
「どうしてもぐらは、洋服を着てないの?」
「え?・・ええっと・・もぐらは、毛があるから寒くないんだよ。だから洋服は着てないの」
「どんな毛?」
「ええっと短い毛だねえ。茶色かな?」
「ねえ。もぐらは何を食べてるの?」

「ええっと・・・・・・ちょっと待っててね(汗)」
(百科事典登場)
「ええと、もぐらは、虫を食べてるんだよ」
「どんな?」
「みみずとか虫の幼虫とか・・・」
「ほかには?」
「ほ・・ほかに?(辞書に載っていない・・・)ええっと、
ばったとか・・」(バッタなんて食べるのかなぁ・・や・・やばい) (汗)
「ばった?ばったってなあに?」
「ばったって、緑色してる虫。ピョンピョンってはねる虫だよ」
「ふ~ん。ねえ。どうして、もぐらは、土の中に住んでいるの?」
「ど・・どうして・・・ええっと、もぐらさんは、土の中にいるミミズを食べてるでしょ。だから、土のなかに入って食べ物を探しているんじゃないかな。それに土の中は、安全だから。」
「どうして、もぐらは土の中に入れるの?」
「・・・えええっと、もぐらには、大きな手があって、
大きなつめもあるの。それで土を掘ってるんだよ」

「ふ~~ん。ねえママ。テレビの「クルテク」{クルテクとズボン}は、洋服着てるね。」

「あ・・あれはアニメだからねぇ。」

「面白いねえ」ギャハハハハ
「そ、そうだねえ」


難しいです。。。
説明するのって難しいです。どうしてって言われても、
どうやって子供に分かりやすく説明していいのか。。

かなり前に雷が鳴っているときに、

「ねえ。ママ。どうして、ゴロゴロおとがするの?」
と質問してきたので、
「雷といなずまがお話してるからだよ」と、サウンドオブミュージックでマリアが言っていた台詞を思い出し、言ってみた。

そのあと、何度も何度も同じ質問をしてきた。
「どうしてゴロゴロ言ってるの?」
「だから・・」
「雷といなずまがお話してるから?」
「そ・・そうだよ」(汗)

でも息子は、なぜか納得していないような感じだった。

ある日、息子は旦那にも聞いていた
「タータ、どうしてゴロゴロ言ってるの?」
タータは、日光江戸村で買った息子の刀を取り出し、
シュッと振り下ろした。
そのとき、ヒューンという風を切る音がした。

そのあと、タータが雷について説明していた。
私は、何か作業をしていたので、詳しい説明は聞かなかったが、
たぶん空気を切る音で雷の音を説明していたと思う。

息子は、その説明に満足しているようだった。


もう、ごまかしは聞かなくなってきたのかな。。
「どうして雨が降るの?」
「ティガーも喉が渇くでしょ?だから神様が雨を降らせてくれてるんだよ」
とか、
「どうして夜なのに明るいの?」
「だって、夏だから・・」
とか、
そういう答え方では、満足できない年頃になってきたんですね。

しっかり答えてあげなきゃいけないけど、
雨が降るのは、地上の暖かい空気がのぼって・・それが・・・で・・・
こうなって・・こうなるから・・・・

今、夜になっても日が沈まないのは、太陽の位置がこうでこうで・・・。

と、せつめいできませ~~~~ん (汗)

どなたかこういった、自然学、化学、科学、物理学について、
分かりやすく説明している絵本などがあったら、
教えてください。

やはり、1年くらい、ティガーを日本のジジ(おじいちゃん)のもとへ送るしかないかな。
ジジなら、人類が・・地球が生まれた頃の話からしてくれるから、
きっとティガーは納得すると思うのよね。

[2008/08/06 15:39 ] | 言葉 | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>