FC2ブログ
イタリア2009年8月1日~8日
7月30日、旦那が「ようやく夏休みが取れた」と言いました。
「8月1日から一週間!」

・・・って、おい!!

いつものことながら、夏休みは直前にならないと分からないようで。。
いや、一応希望をだして、調整してもらっているはずなんですが、
やはり直前まで確定しないのです。
そういえば、去年もイタリアに行きましたが、去年は、前日に夏休みが確定し、
「明日から夏休みが取れたからどこにいく?」ということで、
イタリアまで無計画で海に行った気がします。

でも今年は、「あんな無計画な旅は時間の無駄です!」と、何度も旦那に言っておいたので、
今年は2日前に夏休みが確定しました。前日よりましになりましたね。(^^;)

で、宿無しで行くのは、いやだったので(夏休みが2週間3週間とかなら放浪してもいいんですが、
一週間しかなかったので、宿だけはきめていこうぜ!!と、私が強く主張しました)
今回は、旅行会社を通して宿を予約。
朝、夕2食付。

値段も予算をそれほどオーバーせず、いい宿が取れたんじゃないかと

ウキウキで、イタリアに向かいました。
ピッザだ!スパゲッティーだ!シーフードだ!
今回は2食付!!!イタリア料理が楽しみだ!ルンルン♪

イタリアの”Caorle”というところです。
車で順調に行くと8時間半くらいで着きます。
といっても、休憩を何回か挟んでいったので、12時間くらいかかってしまいましたが。。
私は運転免許を持っていませんから、もちろん、運転手は旦那様一人でございます。

12時間かかってようやくイタリアの宿に着きました。
ピッザだ!スパゲッティーだ!シーフードだ!ルンルン♪

しかし・・・・しか~~~~~~~~し!!!

宿についてみると、なんと・・・なんと・・・なんと・・。
なんと、私達を出迎えてくれたのは、
チェコ人・・・
チェコ語を話すチェコ人だったのです。。。。。。。


いや、別にチェコ人がいたっていいんです。フランスのパリに行けばそこらじゅう日本人がいますし、
日本食レストランだってあちこちにあって、ここは本当にフランス?なんて思うこともあるわけですし、
スイスに行った時だって、そこらじゅうで日本語が飛び交っていたわけですから、
イタリアにチェコ人がいたってなんの問題もないんです。

でも・・・でも・・・でも~~~

宿がチェコ人が経営するホテルだったんです(><)

何が悲しいって?








朝ごはんも夕ご飯もチェコ料理だったんですぅぅぅぅ(号泣)

別にチェコ料理が嫌いなわけではないんです。
冬にスキーでチェコの宿に泊まったとき、それはそれは美味しいチェコ料理が出てきましたし、
おばさんのチェコ料理も(量が多いのは問題ですが)美味しいんです。。。。



ここはイタリアなんですぅぅぅ。。。

最初の夕食では、向かいに座った旦那に笑顔を見せることができませんでした。
がんばってみたけど、言葉が出てこず。。。

一週間。。。。
思いっきりチェコ料理を感応してきてしまいました。
夏のくそ暑い中、がちょう の グリル、お皿からあふれんばかりのマッシュポテトが出されたときは、全てが夢なのかと思ったほどです。

しかも、朝は、コーヒーか紅茶が出るのが普通の宿ですが、
コーヒーがノンカフェインのミルク入りのあま~~~いコーヒーだったのです。
そして、ある朝のコーヒーをちょっと味見をすると、な・・なんと、ドロドロしているではありませんか!!
「これは大丈夫なの?」と、料理長のおばちゃんに聞いたら
「いつもは、牛乳を入れるんだけど、今日はサービスで生クリームを入れたのよ」とのこと。
ひえ~~~~。

もう、笑うしかありません。

しかも、ある朝、コーヒーを頼むと、「今日はコーヒーはありません。カカオです」と言われた。
ひえ~~~。


ここはイタリアだけど、ここはチェコ。。。

ああ・・・旅行会社の人はなぜ黙ってたのよ~~~。(><)


おおっと、しょっぱなから、長く書きすぎてしまいましたね。
まあ、これは、旅の一番のショックなことだったので。
次回は、ちゃんと確認していきたいと思います。
ああ・・・イタリアに行ってチェコ料理を食べるとは思わなかったぜ。。。

まあ、でも食事以外は、とっても楽しい旅でした。
部屋は、そのチェコ人経営のホテルではなく、徒歩1分のところのイタリア人のホテル。
寝るのは、そのイタリア人のホテルで、食事はチェコ人ホテルへ通うといった感じです。

まあでも、食事以外は、特に問題もなかったし、部屋もきれいだったし、毎回、きれいに掃除されていたし、ホテルからビーチまで近かったし、町は夜11時を過ぎても店が開いていて、
夜の散歩が楽しかったし、本当に食事以外は、
満足の夏休みでした。

ではでは、長い前置きになってしまいましたが、
ここからは、写真をお楽しみくださいませ。(って、たいした写真も撮れなかったんですけどね)





初日の夜にイタリアに着き、初日からチェコ料理を食べたので、
ショックを軽減させるため、夜のビーチへと向かいました。 ↓

09080101.jpg


2日目、徒歩3分のビーチへ。
この日、私と旦那は、思い切り焼けてしまい、次の日から体がヒリヒリしていたかったです(TT) ↓

09080102.jpg



波乗りティガー 。 ↓

09080103.jpg



09080104.jpg



09080105.jpg




3日目には、焼けた体がヒリヒリしてて、とてもじゃないけど海には入れず・・ってことで、
CAORLEの町を散策。4輪自転車に乗っていきました。
車道を走ります。車を運転する人にとっては、とっても邪魔な感じがしますが、
この町では、観光客の多くがこの4輪自転車で町を観光しています。 ↓

09080106.jpg



町にはマジシャンがいて、マジックを披露していました。↓

09080107.jpg




イタリアで甚平を着るティガー君↓

09080108.jpg





4日目は、朝のあま~~いコーヒーを飲みちょっと気分が悪くなりつつ
ベネチアへ行ってきました!
CAORLEから船も出ているのですが、片道2時間くらいかかってしまうし、帰りの船の時間を気にするのが嫌だったので、車で行きました。
車だと1時間くらいでした。
しかし、ベネチアに着くと、ものすごい人!車!公共の駐車場は満車。
しかたなく、プライベートの駐車場へ車を止めました。
一日24ユーロ。


前にもベネチアには行った事がありますが、今回は個人旅行なので、町をくまなく見て回ることができました。


09080109.jpg



サンマルコ広場にあるライオンに乗るティガー。
「そんなところに乗ったら、怒られちゃうかしら・・」と、心配しましたが、
おまわりさんは、素通りしてたので大丈夫でした。
写真の右側におまわりさん2人。 ↓

09080112.jpg



ゴンドラですね。いいなあ。。。乗りたいなあ。。。旅の思い出に。。
と、思い、値段を聞いてみたら・・・
なんと30分くらいで80ユーロときた。
18の間違いかと思ったけど、エイティーンじゃなくて、エイト オー(8 0)と、言ってきた。
我が家の旅の予算では、無理でっす。
でも、普通のモーターボートだと、片道6ユーロちょっとくらいなんですけどね。
この差はいったい。。。↓


09080111.jpg



09080110.jpg




09080113.jpg






というわけで、私達はベネチアの町を歩き回りました。
迷路みたいで楽しかったなあ。お店もいろいろあったし、
で、この日は、夜、ホテルの夕食には戻らず、ベネチアのレストランで食事をしました。
シーフードスパゲッティ!!!!

美味しかった~~~~~(号泣)

でも、美味しすぎて、写真を撮るのをすっかり忘れてしまった。。
ああ・・やっぱりここはイタリアなんですね。




5日目は、午前中、CAORLEの周辺を船で回ってきました。

ティガーは船中で、腕に絵を描いてもらいました。↓

09080114.jpg


こんな絵です ↓

09080115.jpg



船はこんなところを通りました。
ひとつ、橋があって、船が通るときだけ、男の人が手動で、橋を動かしていました。↓


09080120.jpg


わかるかしら?
男の人が船が通るたびに、ぐるぐると取っ手を回し、橋を動かしているのです。↓

09080121.jpg


静かな海と川の合流するところを進んでいくと、
昔の猟師の家が見えてきました。 ここで、船を下りて30分ほど猟師の家を見てきました↓

09080116.jpg



おじさんが、網を作っていました。↓

09080119.jpg



猟師の家の中には、日本の旗もありました。↓

09080117.jpg



ここは、作家アーネスト・ヘミングウェイも訪れたところだそうで、
ここで、”Across the River into the Trees『河を渡って木立の中へ』(1950)”の作品を書いたそうです。↓

09080118.jpg


この日の午後は、ビーチへ行き、泳ぎ、いったんホテルに戻って着替えて、
またあちこちを散歩しました。

岩にいろいろな絵が彫られていました。↓

09080122.jpg


09080123.jpg


09080125.jpg



09080124.jpg


毎晩、町を歩くのが楽しかったです。
なんといっても夜11時過ぎまでお店が開いてるし、大道芸はいるし、
昼寝をしなければ体が持ちませんね。 

09080127.jpg



そして、イタリアと言えば、ジェラート
毎晩、夕食の後口直しにジェラートを食べました。
本当に美味しかった♪お値段もひとつ1ユーロとお買い得だし♪

ジェラート屋さんの前で↓
(ジェラートの写真を撮ろうと思ったけど、美味しすぎて、写真を撮ってる暇がありませんでした。
というわけで、ジェラートを食した後のティガー君です。(笑))

09080126.jpg




最後の日は、一日中ビーチで遊びました。
ティガーは、ずーーーっと海で泳いで?いました。
私と旦那が交代でティガーと海に入るのですが、
ティガーは休みなく、海に入っていました。

最後には、私も旦那も疲れてしまい、「もう海には入りたくないよ」というと、
「じゃあ、僕一人で行ってくる」と言って、一人で海に入って行きました。
もちろん、浮き輪を持って、足の届くところまでなんですけどね。

朝ごはんの後、一旦ホテルに戻って水着に着替えて、ビーチに行ったっきり、
夕方4時過ぎまでずーーーっとビーチにいました。


土曜日にイタリアから帰ってきましたが、
私も旦那も脱皮しています。
今、ものすごい醜い体でございます。

でもティガーは、一度アフリカに行って焼けているので、
今回は皮も向けず、こんがり焼けてきれいです。



イタリアの海、とっても楽しかったです。
チェコ料理が出たときは、言葉が出ないほどのショックを受けましたが、
今となってはそれも思い出。
いい夏休みを過ごせました。
旦那様。今回も運転、ご苦労様でした。






来年は、夏休みが3日前には決まるといいね。。。(^^;)




スポンサーサイト
[2009/08/11 03:56 ] | 旅行記 | コメント(4)
洞窟
KoneTpruske Jeskyne というチェコで一番大きい洞窟に行ってきました。

この日は、暑かったけど、洞窟の中は12度だそうで、
ティガーには、長ズボンをはかせ、洞窟に入ったらトレーナーを着せました。

09070601.jpg




ガイドさんについて洞窟の中に入っていきます。
写真を撮るとる人は、プラス30コルナを払います。

09070602.jpg








やっぱり洞窟って神秘的ですよね。

09070603.jpg










ティガーを撮るとまわりが写らない。。(^^;)

09070604.jpg







何年前だったかな。。。説明聞いていたのに、忘れちゃった。。
むか~しむかしの猿の骨とサイの角だって。。

09070605.jpg









むか~しむかし、ここで、闇でお金を作っていたらしい。

09070606.jpg









真ん中あたりに器があるのが見えますか? ↓
コインを投げてあの中に入ると幸せになれるんですって。。。ほんとかよっ!
そのすぐ近くて、闇でお金を作っていたって言うのに??
ま、でも物は試し!  ティガーが1コルナを投げました。


09070607.jpg


はい。見事に入りませんでした。
でもいいんです。そんなことで幸せをつかまなくても、十分幸せです。

洞窟のツアーは、約一時間ほど。
ティガーも十分楽しめました。暑い夏は、こういうところで涼むのもいいですね。

・・・って、チェコは、そんなに暑くないですけどね。
ちょっと日本の夏が恋しいです。・・・っていっても、日本の夏は蚊が多いのが嫌ですよね。
チェコでは、あまり蚊に刺されないのもうれしいかな。








[2009/07/08 14:29 ] | 旅行記 | コメント(0)
フランスコルマールとスイスバーゼル
一週間、フランスとスイスへ行ってきました。

まずは、バーゼルへ飛び、そこからバスでサンルイ駅へ。
そしてコルマールへ。

コルマールの町は、チェコの田舎町を少し都会風にした感じ。
かわいい町でした。
こうのとりが名物?なのか、あちこちに”こうのとり”の人形が売られていました。

店の上にもこうのとり ↓

09062801.jpg






フランスのガイドブックを持って行かなかったんですが、
これ ↓ って、コルマールで有名な建物なんですよね。
建物に顔の彫刻がたくさん。。

09062802.jpg







コルマールの町は、とってもかわいかった ♪

09062803.jpg








なんか、アルプスの少女ハイジに出てくる、ヤギ達の水のみ場みたい。
ペーターが朝早く笛を吹くと、あちこちからヤギが集まってくるっていう場面。

09062804.jpg








シュークルートっていうアルザス地方の郷土料理を食べました。
塩漬け発酵させたキャベツを白ワインで煮込み、腸詰め類を盛り合わせた料理・・だそうです。
ソーセージは、チェコのより美味しかった。

09062805.jpg









コルマールから10キロほど離れたキーンツハイムという村の入り口。↓

09062806.jpg







周りはワイン畑で、ワインのお店がありました。
でもお酒を(あまり)飲まない私は、外から眺めていただけですが。

09062807.jpg








その後は、スイス・バーゼルへ。
大きい町だし、私はあまり興味がなかったんですが、意外とかわいい町で、
楽しめました ♪

なぜか、ぶたのトラムが。。。。↓


09062808.jpg









トラムの走る線路があちこちに伸びているんですが、
信号があんまりなくて、どこを歩いていいのか迷ってしまいましたが、
スイスの運転手は非常に安全運転なので安心して道路を渡れます。


09062809.jpg







橋を渡ります。川では、泳ぐ人も結構いました。
チェコのカレル橋の下を流れるヴァルタヴァ川では泳ぐ気はしませんが、
ここなら、泳いでもいいかも。水がエメラルドグリーンでした。

09062810.jpg










チェコでは絶対見られない光景。
街中に自転車を置く場所があり、みんな特にチェーンなどつけていない。
チェコだったらすぐになくなってしまうでしょうね。。。(^^;)

09062811.jpg










バーゼルは都会だけど、なんとなく清楚でかわいい町だなって思いました。

09062812.jpg









プラハに降り立ったとき、こんな飛行機を見つけました。
すてき~~~~♪ ↓

やはり町並みは、チェコが一番かもね。うふふ。

09062813.jpg



[2009/07/06 16:34 ] | 旅行記 | コメント(2)
アフリカから帰国
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2009/06/28 02:34 ] | 旅行記
Prachovské skály (Prachovの岩)
つい最近まで雪が降っていたと思ったら、
いきなり夏日。
土曜日は、20度まであがりました。
とってもとってもいい天気だったので、Prachovské skály というところに行ってきました。
訳すと、「プラホフの岩」

ってことで、岩だらけのところに行ってきました。
プラハから車で2時間くらいかなあ。
11時ごろ、現地につき、入場料大人一人50コルナを払って、山の中へと入っていきました。
いろいろとコースはあるようでしたが、
私達は、5キロか6キロのコースを歩きました。

たかが5キロ6キロなんですが、ただの山道ではなく、
階段を上ったり降りたり、岩を登ったり降りたり、山道を登ったり下ったり、

でも、自然の不思議に目を取られ、疲れることも忘れてしまいました。
(家に帰ってきたら、どっと疲れが出ましたけどね)

チェコにもこんな素敵なところがあったんですね。
実は、あまりチェコを旅したことがない私。
いや、チェコに来た当初は、あちこちお城につれてってもらいましたけどね。
基本的にあまりお城などに興味がないので、
チェコを旅するのってあまり好きじゃなかったんです。
だから夏休みは、だいたい外国旅行(アルプスでハイキングとか、イタリア、クロアチアで泳ぐとか)にいってしまっていたけど、
なかなかいいところもあるじゃないかチェコ!と、今日、思いました。(^^;)
(6年もチェコに住んでていまごろかい!って??)


というわけで、お写真です。

まずは、軽く山道を登る。歌なんか歌っちゃって、ルンルン気分。楽しいハイキングです。 ↓
09040401.jpg




天気も景色も最高!ついでにモデル君も最高よ!(親ばか) ↓
09040402.jpg





少しいくと、こんなところへ。
ここから先、こんな岩と岩の間を何度も何度も上ったり降りたり。
閉所恐怖症の方は、無理かもね。 ↓

09040403.jpg





森のかわいい「こだま」が岩の上に座ってます。 ↓

09040404.jpg




 
ちょっと見難いかな?
岩と岩の間に旦那とティガーがいます。
この岩の間を上っていきます。ものすごく狭いです。
岩と岩につぶされちゃうんじゃないかって思いました ↓
09040405.jpg





岩の下にティガーが座ってます。
岩が落ちてこないか、ちょっと冷や冷やしてみたり。。。。 ↓
09040406.jpg





大きな岩を背に切り株の上に立つティガー。 ↓

09040407.jpg





こんな岩がたくさんあって、ロッククライマーがたくさんいました。
岩の上に人が座ってます。岩の下のほうの虫みたいな黒い陰は、ロッククライミングをしている人。
すごいなあ。。かっこいいわ。。。 
あちこちにある岩の上には、箱があってそこには、ノートがあるらしいです。
上った人は、そのノートに名前を書くんだとか。
よし!いつか、日本代表として名前を書いてやるぞ!!!(・・って、天がひっくり返っても無理ですけどね) ↓

09040408.jpg





岩が~~~~あぶない~~~! なんか落ちてきそうで怖いです ↓
09040409.jpg





こんな細いところも入っていきます。 ↓
09040410.jpg





 この岩をくぐっていきます。緑の印があるからここもちゃんとした通路なんです。
大きな人は通れないんじゃない?って思いました?
私が通れたので大丈夫です。 ↓
09040411.jpg




うわ~~~!岩が倒れてきた~~~~!!!
でも力持ちのティガーが支えていますから、大丈夫です!
安心してお通りください。 ↓
09040412.jpg




って、こんな感じで、11時ごろ山に入って、夕方5時半ごろまで、
歩いて歩いて上って降りて、楽しんできました。
 
自然が作り出したのかそれとも神が創ったのか、
ここは、チェコのパラダイスの一部なんだとか。
でも不思議ですよね。こんな大きな岩、いったいどうやって、こんな形を作ったんでしょうね。
空もいろいろな形があって見ていると楽しいけど、
岩にもいろいろな形があって楽しい。
今日は、とっても楽しく充実した一日でした。
またいつか行きたいな。
チェコには、まだほかにもこういう場所があるらしい。
天気のいい週末が楽しみになってきました。


でも、ここには、ひとつ問題が。。。。
山の中だから、もちろんトイレはないんだけど、
でも天気のいい日は、人がたくさんいるので、トイレにいけないんです!!
11時から5時半までいて、最後は、ちょっと厳しかったわ。本当に。
ティガー君は、まだまだお子ちゃまですから、トイレはあちこちにありますけどね。
女性用のトイレは、なかなか発見できず、駐車場に戻ってくるまでがまんしてました(^^;)

せっかく素敵な一日なのに、トイレで話をしめるなって?
だって、これはハイカー(ハイキングをする人)にとって、重要な問題ですからね。
入場料とるなら、一箇所くらいトイレを設置してくれよ~~!(切なる願い)
[2009/04/05 05:17 ] | 旅行記 | コメント(2)
| ホーム | 次のページ>>